エンジニア エンジニア

Kazuki Satoh

佐藤 和樹

2014年入社



現在している仕事

入社後、2ヶ月の研修期間を終えヘルスケアプロダクト部門へ配属されました。現在はコールセンターとして、医療機器をリモートで診断、修理するお客様サポートを行っています。コールセンターの仕事で最も重要なことは、機器の状況を把握することです。電話で状況を把握する訳ですから、お客様に説明しながら機器を操作、確認していただく必要があります。現場に立ち会っての作業と異なり困難なこともありますが、お客様に一緒に作業していただき、不具合を解消できた時の『ありがとう』や『助かったよ』というホッとした様子の感謝の言葉をいただくと、面と向かっての『ありがとう』とは一味違う特別なものに感じます。

エンジニアの仕事の様子

入社してチャレンジしたこと

週に1回、自主的に勉強会を開催しています。内容は現在の業務に関わることだけではなく、他の機種に関する知識、TOEIC対策、国家資格取得の為の勉強など、多岐にわたります。現在は個々人が自分に必要なものを自主学習する場となっていますが、将来的に1つのテーマに対してそれぞれが講師として教え合い、学び合うような場にしていければ良いなと思います。

休日の過ごし方

休日は主にサイクリングに出かけることが多いです。多摩丘陵はサイクリングに適した道が多いため、ちょっと調べればサイクリングコースはたくさん出てきます。聖蹟桜ヶ丘周辺がオススメですね。また、朝早い時間帯に家を出て、多摩川をひたすら下れば羽田空港まで行けます。羽田の巨大倉庫群は壮観で、ずーっと眺めていても飽きないですよ。帰路は上り坂が多いため、けっこうキツイのですが、爽快感は何物にも代えられません。皆さんも一度は挑戦してみてはいかがでしょうか。

新卒生へ伝えたいこと

これから社会へ出ていく皆さんへ伝えたいことは、失敗を恐れず、何事にも挑戦することです。私が今日コールセンターで働いているのも、失敗してもいいから電話に出てみよう、と挑戦したことで『とにかくよく電話を取るやつだ』と評価してもらえたからです。チャンスはどこに転がっているか分かりません。成功や失敗は挑戦しなければ得られないものです。初めてのことでも、まずは手をのばす勇気が大切だと思います。

ある日のスケジュール

08:45

出社し引き継ぎ内容の確認

コールセンターは機器ごとにチームを組み、シフト制で業務を行っている為、引き継ぎ内容の確認は必須です。担当者が代わってもお客様が困らないよう、メールや報告書の確認を行い、スムーズに業務を引き継ぎます。

出社し引き継ぎ内容の確認

09:00

コール対応業務開始

まずはお客様のお話をしっかり聞くこと。検査中なのか、機器は動くのかを確認し、自分で対応可能なのか、エンジニアに引き継ぐのかを判断します。分からなければ資料などで確認、曖昧な答えを出さないように心がけます。毎週木曜日はチームでミーティングですこんなことがあった、こうしてみたら良くなった等、意見を出し合い、日々の業務に活用していきます。

コール対応業務開始

18:00

会社を超えて交流!

コールセンターには京西テクノスだけではなく、他社の方々もいます。他社の方々とのチームワークを高めるためにも、仕事終わりに一緒にお出かけなんてことも。今日の“温泉部”の活動場所は八王子市にある「竜泉寺の湯」。お風呂あがりに冷たい物を飲みながら、他愛のない会話で盛り上がります。雑談ができることも、コミュニケーションをとる上で大切なことだと思います。

会社を超えて交流!
page top