営業 営業

Gou Kanou

狩野 剛

2016年入社



現在している仕事

私は現在、メーカーサポートが終了した各種電子機器の修理や再設計を担う「KLES事業部」で営業の仕事をしています。営業部はお客様や販社様を訪問し、KLES事業のPRをしたり納品をしたりしています。私は新卒では珍しい文系出身ですので、まずは製品の名前や機能などから覚えなくてはいけません。日々、勉強が欠かせませんが、毎日変化があって充実した日々を送っています。営業部の諸先輩方も技術部の方々も、たくさんのことを教えてくださるので、着実に成長していく実感がありますし、言われたことは一回で覚えようという気持ちも高まってくるので楽しいです。

営業の仕事の様子

学生時代に取り組んだこと

学生時代は「棒術」に打ち込み、4年生の時に主将を務めました。そこで一番大事だと思ったのは“気合と諦め”です。一見矛盾しているようですが、良い意味で諦めは大切です。『逃げたい自分や諦めたい自分を諦める』ことで、前を向いて気合を入れることができると思っています。また、謙虚に相手に礼を尽くすことも大事です。時には自分の小さなプライドは捨てて、よく見せようとせず気持ちでぶつかることも大事だと思います。今は気持ちでぶつかる人が少ないので、かえって印象に残るかもしれません。人の気持ちは自分の気持ちでしか動かせないので、やる気は常に持って就活に、学生生活にも精いっぱい励んでください。

京西テクノスを選んだ理由

“一目ぼれ”といった感じで京西テクノスを選びました。初めは大手企業を受けるつもりで就職活動をしていましたが、たまたま別の企業を見るために行った企業説明会で、臼井社長の講演を聞いているうちに入社したいと思うようになりました。ほかにも内定した会社はありましたし、文系初の採用になるということで不安もありましたが、自分の直感を信じて人生の大きな決断をしました。京西のビジネスモデルは経産省などから多くの賞をいただいているくらいなので素晴らしいと思います。しかし、それ以上に先輩方がきちんと挨拶を返してくれたり、困りごとを相談すれば答えてくれたりと、“人の素晴らしさ”が抜群だと感じています。京西はいま、成長真っ盛りなので、大手企業には無い楽しさがあると思います。是非一度、会社見学にお越しください。

入社してチャレンジしたこと

現在、私は営業部に所属しています。そして間もなく定年される大ベテランの営業マンの後を引き継がなくてはなりません。しかし、圧倒的に技術や製品への知識が不足しているので、営業トークもままなりません。そのため新聞を読んだり、入荷作業時には故障状況や製品名を見てノートに記録しています。また、周囲の皆さんに教えていただいたことは、メモを取って身につけます。一日も早く営業担当者として戦力になれるよう、お客様からご要望や新たなニーズを引き出せる営業マンになれるよう取り組んでいます。

新卒生へ伝えたいこと

就職活動で一番大事なのはやる気と直感です。やる気の見えない人と働きたい人はどこにもいないので、相手に伝わるように自分を表現したり、やる気が伝わりにくい人は思い切って自分を変えてみたりする必要があると思います。そして、直感です。私もまさか法学部から理系の会社に入るとは夢にも思いませんでした。文系・理系、大手・中小にとらわれずに、自分がいいと思ったところで仕事をした方が今後何十年と飽きることなく過ごせると思います。

ある日のスケジュール

08:20

出社

9:00~の朝礼に備え、資料の印刷やメールのチェック。
朝礼では、昨日までの売上や訪問した会社について報告します。

出社

10:00

営業

お客様のところへKLESのPRのため訪問します。

営業

12:30

昼食

昼食は外で食べることも多いです。

13:00

営業

一日出るときは、お客様を何件か回ることもあります。

16:30

帰社

戻ってからは入荷登録やお客様にメールを送信します。

帰社

18:00

帰宅

新人は、残業はほとんどありません。今日の夕食は自炊です。

page top